国内最大級の野外フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」アクセス・宿泊について

2 min
ブログサムネ ロッキン

maru

ラルクファン:通称ドエル歴13年。
初めて参加したライブは2015年「L`Arc~en~Ciel LIVE 2015 L`ArCASINO」です。
主にラルク関連の話題を中心とした記事を投稿しています。

FOLLOW

ブログサムネ ロッキン

 タイトル

ROCK IN JAPAN FESTIVALについて

今回は開催を約2か月前に控えた国内最大級の野外フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」について紹介します。

私も応募しましたが見事落選(笑) 人気振りが伺えます。この悲しみを何とか昇華しようと記事を書いている次第です!! 

会場までのアクセス・周辺の宿泊施設などを紹介していきます。

ROCK IN JAPAN FESTIVAL(通称:ロッキン)は、ロッキングオン・ジャパンが主催する国内最大級の野外音楽フェスです。

2020年より新型コロナウイルスの影響を受け、幾度となく中止してきました。今回、そのロッキンが3年ぶりに復活!! 

新型コロナウイルス感染対策を講じ、会場も新たに帰ってきます。まずは、概要についてお伝えしていきます。


日程
2022年8月6日(土)・7日(日) / 11日(木・祝)・12日(金)・13日(土)

会場
千葉市蘇我スポーツ公園(千葉市中央区)

時間
開場 8:00 / 開園10:05 / 終演 21:00 (各日とも予定)

※雨天決行(荒天の場合は中止)


今回は8/6~13日までの間の計5日間の日程で開催されます。

2000年から2019年までは、茨城県ひたちなか市の「国営ひたち海浜公園」でロッキンは行われてきました。今年は新型コロナウイルスの対策面などの点から会場を変更。

千葉県千葉市の「千葉市蘇我スポーツ公園」が会場となります。

最寄駅はJR蘇我駅。
遠方から来られる方は新幹線を利用するのが一番行きやすいルートかと思われます。

入場者数の制限、規制退場etc… 

新型コロナウイルスの感染対策があっても終演後かなりの混雑が予想されます。

そのため、JR蘇我駅にアクセスの良いJR千葉中央駅周辺の宿泊施設も検討できると思います。

いくつかピックアップして紹介していきます。

ダイワロイネットホテル千葉中央

ダイワロイネットホテル千葉中央 宿泊予約【楽天トラベル】 (rakuten.co.jp)

このホテルの特徴は、全館バス・トイレがセパレートタイプになっていることです。

ユニットバスが苦手な方には嬉しいポイントです。

客室は各室空調の個別調整が可能です。なんとマッサージチェア付きの客室もあります!

フェスで飛び跳ねた後、マッサージチェアで疲れを癒すのもいいですね!

京成ホテルミラマーレ

京成ホテルミラマーレ 宿泊予約【楽天トラベル】 (rakuten.co.jp)

特徴は、ホテルのある建物が様々な店舗を含めた複合施設になっていることです

ホテルレストランはもちろん、スターバックス、寿司屋、映画館まであるという充実ぶりです!

フェス翌日、映画を観てゆっくり買い物をするのもいいですね!

食事の選択肢も増えますし、この施設だけで1日過ごせそうです。

ホテルシュランザCHIBA

ホテルシュランザCHIBA 宿泊予約【楽天トラベル】 (rakuten.co.jp)

このホテルの特徴は、大浴場を併設しているところです!

広々とした大浴場で旅の思い出に浸るのも素敵ですね!

また、ホテル1Fには宮城県産牡蠣と牛タンが食べられる「仙台や」があります。

席数の関係で全て予約制となっていますので、ご利用の方はお気を付けください。


チケットをお持ちで宿を取られていない方、これからリセールに挑戦予定の方などの参考になればと思います。

くそ~、羨ましいな~

参考文献
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 公式HP
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022 (rijfes.jp

ダイワロイネットホテル千葉中央
ダイワロイネットホテル千葉中央【公式】京成千葉中央駅東口より徒歩1分 (daiwaroynet.jp)

京成ホテルミラマーレ
京成ホテルミラマーレ【公式】|京成線千葉中央駅直結でアクセス抜群のシティホテル (miramare.co.jp)

ホテルシュランザCHIBA
【公式】ホテルシュランザCHIBA|大浴場完備|千葉中央駅徒歩2分 (hotelshuranza-chiba.jp)

maru

ラルクファン:通称ドエル歴13年。
初めて参加したライブは2015年「L`Arc~en~Ciel LIVE 2015 L`ArCASINO」です。
主にラルク関連の話題を中心とした記事を投稿しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA